2015年02月25日

お好み(焼き)を焼きながら~後編~

実家のそばで祖母が営んでいた駄菓子屋のお好み焼きが、どうやら浜松市独自のお好み焼きの元祖?なのか、いずれにしても50年程前にはすでにやってたらしいので元祖と言ってもいいと思うんですが、子どもの頃に祖母の手伝いをしながら教えてもらったそれを時々自分で焼いて食う訳です。
img_1796.jpg

と、いうことで「お好み(焼き)を焼きながら」その後編です。
*前編はコチラ*

--
ヘッドホン・イヤホンで耳を澄まして聴いてもらうとBGMもいい感じかと。
わざとじゃないよ。ネットラジオ聴きながら焼いてたから録音されちゃったんだよね。ってことで大目に見てくれよ。

--
当番組で不定期にもほどがある連載開始から早2年以上となった(時間だけ)長編小説朗読劇場〜アリオトの第4話完結編はただいま鋭意執筆中です。構想期間も含めたら3年以上...(笑)
ってことで、もし楽しみにしてくれている方がいらっしゃいましたら、どうかそのまま気長にお待ちくださいませ。かしこ。
posted by thin-p at 18:00
"お好み(焼き)を焼きながら~後編~"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: