2017年01月30日

この世界の片隅で〜三重県尾鷲市にて〜

先週木曜から昨日の日曜日まで、三重県尾鷲市へ仕事で出かけていました。
その初日の夜に飛び込みで入った割烹のカウンターで大将との会話を録音させてもらいました。
尾鷲に来てから今日までの話や魚の話、尾鷲の町とその歴史の話の中に戦時中の話が何も気負うことなく、何も特別な思いで語るでもなく、語ってくれて、それは「この世界の片隅で」で描かれた普通の人の暮らしと人生そのもの、でした。

三日目のランチにも行きました。
出張最終日の日曜の朝、運営管理をしていたイベント会場に奥さんと二人で出かけてきてくれました。
聞けばお二人とも80歳を超えているとのこと。

最後の方はボイスメモで録音していたiPhoneを胸ポケットに入れたからガサガサして聞き取りにくいかもしれませんが、いっしょに店をやっている大将の奥さんが秋田出身とのことで、きりたんぽ鍋が名物でした。
すっぽんもうなぎもふぐも出すそうです。

尾鷲駅の直ぐ近く、割烹しのぶ。
やっぱり奥さんの名前でした。

いつかもういちど訪ねたい店がまたひとつ出来ました。


IMG_4747.jpg
IMG_4657.jpg
IMG_4742.jpg
IMG_4659.jpg
posted by thin-p at 23:26| Comment(0) | Podcast | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください