2018年01月20日

縁は異なもの味なもの 〜神戸つながりの出会い〜

大寒の土曜日の夕暮れ時に、前回にチラっと予告していた「ちょっとおもしろい話」と、寿司屋の話とか。

音楽紹介シリーズは 名古屋ギター女子部から3人目をご紹介。

どうぞ/

<今日の音楽:光 / CHISA

と、いうことで、今年は週1のハイペースで絶賛配信継続中!!
張り切ってます!(笑)
次週も(?)お楽しみに!

<豆知識:縁は異なもの味なもの>

出典は「江戸いろはかるた」の「ゑ」

男女の縁はどこでどう結ばれるかわからず、不思議でおもしろいものであるということ。縁は異なもの。

実は男女の縁に解釈するのは間違いで、いつしかこうなってしまったという説もあるみたい。

京都いろはかるたの「ゑ」は、「縁の下の舞、縁と月日」という句で、大阪いろはかるたは「縁の下の力持ち」。

なるほど、同じ「ゑの句」でも、江戸版はちょっと粋な感じだね。(引用:いろはがるた一覧 iso.labo
posted by thin-p at 18:41| Comment(2) | Podcast | 更新情報をチェックする